外壁や屋根塗装にも配慮しました

注文住宅を建てる時には、生活の便利さの視点から、どうしても間取り等に目が行きがちです。しかし、快適に暮らすためには、住宅の構造から来る陽当りや風通しはもとより、外壁塗装や屋根塗装にも配慮す事が重要な事を設計士さんに指摘されました。
外壁塗装や屋根塗装は、見栄えば良ければそれで良いと思いがちですが、塗膜の寿命を考えてどんな塗料を選定するかまで細かくアドバイスを設計士さんからもらいました。
その結果、外壁には汚れのセルフクリーニング効果の高い機能性塗料の触媒タイプとし、屋根には夏場の室温を2~3℃下げる効果があると言う遮熱・断熱塗料を使いました。
一般の塗料を塗っていた場合と比較して、どの程度の効果があるのかは判断が難しいですが、確かにご近所の住宅に比べて外壁の汚れが少なく、またエアコン設定温度も少し高めにしても暑く感じない気がします。
こんな知識は素人にはなく、やはり色々と設計士さんの指摘に耳を傾けて、快適でコストパフォーマンスの良い家づくりをする事が重要だと思います。