住宅の筋交い構造は適切かどうかを確認

木造戸建ての住宅は、もちろん木材のフレームで形成されています。木造のフレームは、とても複雑な形になっています。
ところでそのフレームの形状は、木造の家作りのポイントの1つにもなるのです。筋交いの位置などは、よく確認しておく必要があります。適切な位置に筋交いがないと、倒壊リスクが高まってしまうからです。
例えば木造フレームが、二層構造になっているとします。上段と下段の二層になっていて、上層にいくつかの筋交い構造が採用されているとします。いわゆる斜めのフレームです。
その筋交いの構造のすぐ下でも、同じ構造が採用されているか否かが、1つのポイントになります。上段のすぐ下に筋交い構造がないと、建物の耐震性が弱くなってしまうからです。
このため木造の住宅に対する工事が行われている時には、筋交いが適切な位置にあるかどうかは、よく確認しておく必要があります。もちろん木造フレームの図面を設計する際にも、その筋交い構造は意識するべきでしょう。